オンラインポーカーを初めてやったのは2004年の夏の事です。

カナダに留学していた時のカナダ人の友達が彼女のために日本に来る事になりました。

彼女は実家暮らしだったため、部屋が見つかるまで私の部屋に居候する事に。。

お互い気の知れた仲だったので特に問題もなく
日本にいながらの自宅留学生活を満喫してました。

そしてある日、家に帰るとその友達が遊んでいたのが、

PartyPoker

学生時代は麻雀とスロット。
留学時代はたまにカジノでブラックジャックをやるなど,
ある程度ギャンブルを経験してきたんですが、
オンラインギャンブルは以前プログラム相手のスロットゲームで
とくに山場もなくあっという間に終わった経験があるので
これも胡散臭いと思いながら鑑賞だけしていました。

しかし海外のネットユーザーを相手にリアルに勝ったり負けたりしている
友人はかなりの興奮状態。テキサスホールデムというポーカーはルールすら知らなかった
のですが,教えてもらいながら見てるうちに
気がつけば自分もアカウントを開設し一緒にプレーすることに。

始めはお酒を飲みながら始めたゲームが
気がつけば二人で朝まで画面に釘付け。
最初はルールもよく分からず教えてもらいながらだったので
あっという間に負けることもしばしばでしたが、
運の強さと駆け引きのセンスで後半はかなり持ちかえし、
デビューは+2000円で力尽きました。
途中は-6000円から+20000円まで上下が激しかった
のを覚えています。

この後、オンラインポーカーにどっぷりハマることになるとは
思いもしませんでした。

次回へつづく

Gif Banners



ギャンブル情報満載のブログランキングリストはこちら