WSOPとは


WSOP (World Series of Poker)は、毎年米国ラスベガスで開催される、
最も歴史と権威のある世界最大のポーカーイベントです。
開催期間中には様々な種目と参加額のポーカートーナメントが多数開催され、
何種目ものポーカーの世界王者が誕生します。
その中でも最も注目され、世界中のポーカープレイヤーが目標としているのが、
メインイベントとして開催される。「World Championship No-Limit Texas Hold’em」です。

1970年台より1年に一度開催されているこのイベントは、
毎年参加者が増え続け、2006年度のメインイベントには8000人以上の出場者が集まりました。
その時点での優勝賞金は1,200万ドル(約14億円)に達し、
個人がプレイするスポーツの中では世界最高の賞金獲得額となるイベントとなっています。

WSOPは満21歳以上であれば、基本的にはラスベガスの会場を訪れ参加費を支払うだけで、
誰でも参加できるオープントーナメントです。
参加費は$1,000〜$50,000に設定されており、得意とする種目や自分自身に投資できる額に応じて、
挑戦するトーナメントを選択することが可能です。

参加方法


メインイベントの参加費は$10,000で、参加費を支払えれば誰でも参加できます。
参加の為の予選通過の義務や、参加資格(年齢制限のみ)の獲得の必要は無く、
誰にでも世界チャンピオンとなるチャンスが開かれている大会です。

参加条件があるトーナメントは主に二つあり、
参加者を女性だけに限定した「World Championship Ladies Event No-Limit Hold’em」と、
50歳以上に限定した「 World Championship Seniors No-Limit Hold’em」があります。
これらは参加費が最も安く(1,000ドル)設定されています。

逆に最も高額なものは、参加費が50,000ドルに設定されている「World Championship H.O.R.S.E.」です。
これはLimit Holde’m、Omaha Hi-Low、Razz、Seven Stud Hi、Seven Stud Hi-Lowの5種目を
ラウンド毎に順にプレイしていくもので、オールラウンドなポーカースキルが要求される種目です。
こちらももちろん参加の為の特別な条件はありません

ポーカーが盛んな国では企業がスポンサーとなり、
WSOPの参加費を賞品として提供するトーナメントが多数行われています。
これにより自分で参加費を用 意することが出来ないプレイヤーに対してもチャンスが提供されており、
そこから世界チャンピオンとなり億万長者になった人も現れています。

日本でもセガがスポンサーとなってAJPC(ALL JAPAN POKER CHAMPIONSHIP)
が毎年が開催されていて、その優勝者にはWSOPの出場権と豪華旅行パッケージが提供されています。

エベレストポーカーはこのAJPCのオンラインサテライトのオフィシャルオペレーター(2010年度)で
約二ヶ月にわたり毎週末に無料で参加できるオンライン予選を開催しています。

▶エベレストポーカーの始め方はこちら

▶ボーナス獲得方法はこちら



ギャンブル情報満載のブログランキングリストはこちら