参加できるプレイヤー数は2人から10人くらいまで。
ジョーカーを含まない52枚のカードを使います。

最初のゲームではまずディーラーボタンの位置を決めます。
ディーラーボタンの位置はゲーム毎にひとつ左にずらしていきます。

ディーラーボタンの左隣の人はスモールブラインドを、
その左隣の人はビッグブラインドを払います。

各プレイヤーにはカードが裏向きに2枚ずつ配られます。
ここで第1ベッティングラウンドです。

え?2枚じゃポーカーにならないじゃないかって?
そうです。ここがドローポーカーと一番違うところです。
テキサスホールデムでは ボード という
すべてのプレイヤーが共通に使用する5枚のカードがあります。
最終的には手持ち(ポケット)の2枚とボードの
5枚の計7枚の中から一番強くなる5枚を選んで勝負します。
ただ最初の時点ではボードは1枚も開いていない(見ることができない)ので、
最初のベッティングラウンドはポケットの2枚だけが判断材料となります。

第1ベッティングラウンドではブラインドベットが入っているので、
ゲームを続けるには最低でもこのベットにコールする必要があります。
つまり、最低でもビッグブラインドと同額ベットしないと次のラウンドに行けません。

ベッティングラウンドでのプレイの順番は
ディーラーポジションの左隣の人からとなります。

第1ベッティングラウンドが終わったらボードを3枚開けます。
(この3枚のことを フロップ と言う。)
ここで第2ベッティングラウンドです。

次にボードをさらに1枚開けます。(このカードを ターン と言う。)
ここで第3ベッティングラウンドです。

そしてボードの最後のカードを開けます。(このカードを リバー と言う。)
ここで最後の第4ベッティングラウンドを行い、ショウダウンして勝者を決めます。

テキサスホールデムの特徴としては、
ポケットが2枚と少ないために似たような強さになることが多くなります。
したがって、キッカーが勝負を決めることもよくあります。
また、ドローポーカー以外のポーカーをやったことがない人にとっては、
カード7枚からどの役ができているか、
というのをすぐ判断できるようになるのが最初の目標になるでしょう。
特にボードからどんな役ができるかを考えるのは基本中の基本なので、
早く身につけておきたいところです。



ギャンブル情報満載のブログランキングリストはこちら